風林火山関連ニュース
 
 

川バスが「風林火山きっぷ」発売へ

2006/9/28 信濃毎日新聞掲載

 川中島バス(長野市)は10月1日、NHKの大河ドラマ「風林火山」が来年放映されるのを前に、県内外から高速バスで長野市を訪れる観光客向けに、善光寺や川中島古戦場、松代を結ぶ路線バスを1日乗り放題にするフリー切符を発売する。また、高速バスの停留所に「川中島古戦場」を新設。風林火山に関係する地域を周遊しやすくして観光客にアピールし、高速バスの利用促進を目指す。
 切符は「風林火山きっぷ」と名付け、エリア内を1日自由に乗り降りできる。価格は大人が800円。東京、大阪、松本などから長野に向かう高速バスの出発地で高速バスチケットと一緒に購入することが条件。発売は、大阪と甲府線が10月1日から、ほかの路線は12月1日から。同社が運行する路線バスのJR長野駅―松代間の片道運賃は600円で、フリー切符は割安な価格に設定した。
 また、4月に新設し、これまで片道運賃1000円のキャンペーンも実施した高速バスの長野―甲府線では、甲府発の便で乗客が多かったため、10月1日から期間限定で割安の回数券を設ける。
 同社企画営業部は「『風林火山』関連の観光PRをさらに強化していきたい」としている。