風林火山関連ニュース
 
 

武田勝頼の母「諏訪御寮人」の生涯を語る

2006/11/08 信濃毎日新聞掲載

06110801.jpg

 諏訪市教育委員会は、作家中島道子さん(78)=埼玉県蕨市=による講演会「風林火山の嵐に生きた武田勝頼の母 諏訪御寮人」を市図書館でこのほど開いた。第42回市文化祭の一環。中島さんは諏訪御寮人の生涯を想像豊かに語り、100人余が聞き入った。
 諏訪御寮人は戦国時代、諏訪地方を領有した父・諏訪頼重を討った武田信玄の側室となり、勝頼を産んだ。来年のNHK大河ドラマ「風林火山」では、ヒロイン「由布(ゆう)姫」として登場する。
 中島さんは、戦国時代を生きた女性に光を当てた小説で知られ、諏訪御寮人についての著書も2冊ある。自作では、精神的に最後まで信玄に屈服しない女性として描いた。講演で「屈折や怨念(おんねん)は、簡単には癒やされない。人間の尊厳を守り通す誇り高い信濃人、神の国である諏訪人にふさわしい姿を描きたかった」と話した。
 諏訪御寮人については史料が乏しく、名前さえ伝わっていない。「男性が書く小説では、女は都合よく美化され、理想化される」とした上で、「御寮人にとって子種は誰でも良かった。自分の子である勝頼を再び諏訪の名主とすることを願ったと思う」と話した。