風林火山関連ニュース
 
 

長野・新潟・山梨の日本酒セット

2006/12/05 信濃毎日新聞掲載

06120505.jpg

 長野県酒類販売(長野市)は今月中旬から、新潟、山梨両県の卸業者と連携し、3県の蔵元が製造する日本酒3銘柄をセットにした「川中島の合戦」を販売する。来年1月からNHK大河ドラマ「風林火山」が始まるため、上杉謙信と武田信玄、川中島の合戦にちなんで企画。贈答用の「呑(の)みくらべセット」(500ミリリットル入り3本、3150円)と、「お土産セット」(180ミリリットル入り3本、1260円)の2種類を用意した。
 新潟酒販(新潟市)の発案で、武田食品(甲府市)も含めた3社で販売する。銘柄は、千野酒造場(長野市)の「川中島 純米にごり」、池田屋酒造(新潟県糸魚川市)の「謙信 特別本醸造」、太冠酒造(甲府市)の「信玄公出陣酒 純米」。3つの蔵元は以前から、風林火山にちなんだ銘柄の酒を造っているという。セットには、川中島合戦を解説した資料も添える。
 長野県酒販は「よほど有名な銘柄でない限り、他県の地酒に親しむ機会はなかなかない。ぜひ味わってほしい」とPR。年内に「呑みくらべセット」を400、「お土産セット」を900、それぞれ販売する予定。
【写真説明】県酒類販売が山梨や新潟県の業者と企画、販売する日本酒のセット。川中島の合戦を解説したパンフレットも入れる