風林火山関連ニュース
 
 

観光客見込み諏訪の会社跡地を臨時駐車場に

2006/12/27 信濃毎日新聞掲載

 諏訪市の山田勝文市長は26日の定例記者会見で、来年度、旧東洋バルヴ諏訪工場跡地(湖岸通り5)を臨時の観光バス駐車場として利用する方針を明らかにした。来年のNHK大河ドラマ「風林火山」の放送で、ゆかりのある高島城(高島1)への観光客増加が予想されるためだ。
 市観光課によると、高島城近くのバス駐車場には4台しか駐車できないため、混雑が予想されるという。工場跡地は現在、盛り土工事中だが、3月中に工事が終わる諏訪湖側に、4月1日から10月末まで30台分を確保する。
 大河ドラマ「武田信玄」が放送された1988年度の高島城の入館者数は、過去最高の20万5000人余を記録した。同課によると、整理員の人件費や仮設トイレの経費などを賄うため駐車場利用料は有料とする方針。
 「風林火山」に信玄の側室でヒロインとして登場する由布姫は、戦国時代に諏訪を領有し、信玄に滅ぼされた諏訪頼重の娘で、高島城は後に諏訪氏の居城となった。