風林火山関連ニュース
 
 

和紙で川中島の合戦再現 長野で1000点展示

2007/1/04 信濃毎日新聞掲載

07010404.jpg

 和紙で作られた人形や絵画、折り紙など約1000点を集めた「合戦昔ばなし展」(ながの東急百貨店主催、信濃毎日新聞社など後援)が3日、長野市のながの東急シェルシェで始まった。親子連れなどが県内外の和紙造形作家約80人の作品に見入っていた。10日まで。
 和紙の造形作品の展示会は、正月の華やかな雰囲気を味わってもらおうと、テーマを変えて毎年開催。今年は県内も主な舞台となるNHK大河ドラマ「風林火山」に合わせ「合戦」。武田信玄と上杉謙信が相対する川中島の合戦の場面や、源平合戦、さるかに合戦などを再現した作品が並ぶ。
 鶴や今年のえとのイノシシを和紙で折る体験コーナーもあり、参加者は複雑な折り方に「どうなっているの」と真剣な表情。同市川中島の主婦柄沢清子さん(64)は「えとの折り方を教えてもらうため毎年来ています。イノシシは難しいので家で練習します」と話していた。
【写真説明】和紙で作られた人形を眺める来場者