風林火山関連ニュース
 
 

由布姫パスポートでサービス 諏訪が振興策

2007/1/10 信濃毎日新聞掲載

 諏訪市や諏訪商工会議所などでつくる「諏訪由布(ゆう)姫まつり実行委員会」は、NHK大河ドラマ「風林火山」の放送に合わせた地域振興策として、市内の店舗などで提示すると割引やサービスを受けられる「由布姫パスポート」を観光客らに無料配布する。実行委は100軒を目標に15日まで協賛施設、店舗を募集している。
 実行委事務局の市観光課によると、パスポートは縦20センチ、横10センチ。協賛する施設や店舗の地図、PR文、パスポートで受けられるサービス内容などを掲載する。有効期間は4月から12月までで、期間中に何度でも使える。10万部の発行を予定しており、協賛施設、店舗で配布するほか、旅行業者を通じて団体ツアー客にも配る。
 由布姫は、「風林火山」に登場する信玄の側室で、戦国時代に諏訪地方を領有し、信玄に滅ぼされた諏訪頼重の娘。同市には、後に諏訪氏の居城となった高島城などの史跡があり、市や観光関係者らはドラマ放送をきっかけに観光客が増加すると期待している。
 協賛は1万円の負担金が必要。問い合わせは同課(電話52・4141内線421)へ。