風林火山関連ニュース
 
 

信玄肖像の純金カレンダー 諏訪の宝飾店

2007/1/13 信濃毎日新聞掲載

07011305.jpg

 宝飾品、時計販売のヤマザキ本店(諏訪市諏訪1)に、縦67センチ、横42センチの純金の板の片面に武田信玄の肖像画がカラー印刷された「2007年純金ビッグカレンダー」がお目見えした。重さはおよそ6キロ。金だけで時価約1500万円分で、加工費などを含め、2007年にちなみ2007万円で受注販売する。
 貴金属販売の田中貴金属ジュエリー(東京)が製作。厚さ1ミリの板のもう片面には今年1年分のカレンダーが印刷されている。
 同社によると、純金のカレンダーは06年版を初めて製作。金貨「甲州金」を製造したとされる武田信玄にちなみ、07年版は肖像画をあしらった。
 昨年10月末から同社の6店舗で順次展示。NHK大河ドラマ「風林火山」の放送開始に合わせ、同社のグループ企業の特約店で、信玄とゆかりのある諏訪市のヤマザキ本店に展示することになった。
 肖像画は1688年に土佐光起が描いた武田信玄像(山梨県立博物館所蔵)。眼光鋭い信玄の表情に迫力がある。同店の織田昭雄店長(59)は「2007万円の重みを感じる。肖像画も立派で一見の価値はあると思います」と話している。
 21日まで展示する(17日は休み)。見学無料。
【写真説明】裏面に武田信玄の肖像画が印刷された「純金ビッグカレンダー」