風林火山関連ニュース
 
 

信玄の娘・真理姫の供養塔へ 木曽に案内板

2007/2/28 信濃毎日新聞掲載

07022803.jpg

 宿場の風情が残る木曽町福島の上ノ段地区に、戦国武将・武田信玄の娘、真理姫の供養塔を案内する看板が27日、設けられた。
 供養塔は、中山道に面した上ノ段の通りから、小路を入った大通寺の境内にある。真理姫は信玄の信濃進出の際、木曽義昌と結婚。一時、下総国(千葉県)に移ったが再び木曽に戻り、1647年に木曽町三岳で98歳で亡くなったとされる。墓は三岳と千葉県にあるが、大通寺は木曽氏の館があった場所で、重臣だった山村氏が寺を開いた縁もあり、供養塔があるとされている。
 案内看板は、市街地活性化を目指す第三セクター「まちづくり木曽福島」が町に設置を提案した。木村みか・事務局長代行は「旅行の企画会社などから、信玄ゆかりの場所はないかと問い合わせが来ている。供養塔は観光客に説明すると非常に反応が良いので、この機会に設置をお願いした」と話している。
【写真説明】中山道の標柱脇に、真理姫の供養塔が小路奥の大通寺にあるとの案内看板が登場した上ノ段