風林火山関連ニュース
 
 

信玄の五男ゆかりの地 大町がHPで紹介

2007/3/20 信濃毎日新聞掲載

07032004.jpg

 大町市は、放映中の大河ドラマ「風林火山」に合わせ、市内のゆかりの地を市のホームページ(HP)で紹介している。武田信玄の五男、仁科五郎盛信が姓を引き継いだ大町地方の豪族、仁科氏にまつわる場所が中心。市観光課は「県内のほかの地域に比べると、信玄とは地味なかかわりだが、この機会に大町や仁科氏のことを知ってほしい」と話している。
 市文化財センターなどによると、盛信は、信玄にいったんは従った仁科盛政の死後、仁科を名乗った。盛政は信玄に滅ぼされたと言われている。盛信は、高遠城(伊那市高遠町)に移った後、織田軍に攻められ戦死。仁科氏宗家は途絶えた。
 HPでは、国宝本殿などがある仁科神明宮の遷宮の時の1576年に盛信が納めた重要文化財の棟札や、盛信も城主だった森城跡の仁科神社、上杉謙信が武田信玄に送った「義塩」の伝説がある塩の道などを紹介している。
 市のHP(http://www.city.omachi.nagano.jp)の「観光」コーナーから閲覧できる。
【写真説明】ほかの重要文化財の棟札とともに仁科神明宮に展示されている「仁科五郎盛信」の棟札(手前)。右の行に名が記してある