風林火山関連ニュース
 
 

「川中島の戦い」再現 動画でHPに掲載

2007/5/18 信濃毎日新聞掲載

07051802.jpg

 財団法人ながの観光コンベンションビューロー(長野市)は、川中島の戦いで最も激しかった4回目の合戦での上杉、武田両軍の動きを動画に再現、17日からビューローのホームページに掲載している。NHK大河ドラマ「風林火山」の放映で関心が高まっているのを受け、川中島の戦いをテーマにした観光キャンペーンを展開している市内を訪れてもらおうと、約5カ月かけて作った。
 動画は上杉軍を青、武田軍を赤で表示。善光寺平を南から見下ろす形で両軍の動きを見ることができる。上杉軍が善光寺平に入り、妻女山に布陣する動きからスタート。敵の背後を突き、出てきたところを挟み撃ちにする「きつつき戦法」を取る武田軍の奇襲作戦を、海津城(後の松代城)で飯を炊く煙の様子から上杉軍が見破り、妻女山をひそかに下りる一連の流れが分かる。
 八幡原での両軍の激突では、大河ドラマの主人公で武田方の山本勘助が合戦が始まって早い段階で討ち死にし、その後、奇襲部隊が合流して武田軍が劣勢から優勢に転じる様子や、謙信と信玄の一騎打ちなどを時系列で表現した。
 両軍の動きや動画で紹介している用語の解説などを、郷土史家の岡沢由往さん(76)=同市=が監修。ビューローによると、両軍が激突する際に立ち込めていた霧を動画で表現し、臨場感を出すのに苦労したという。
 ビューローの跡部晴康主事(32)は「歴史に詳しい人も満足できる詳細なものができた。動画で予備知識を得て、川中島の戦いゆかりの地や特別展などに足を運んでもらえればうれしい」と話している。
 動画があるサイトのアドレスはhttp://www.furin-kazan.jp/nagano/
【写真説明】第4次川中島の戦いの動画で、山本勘助が討ち死にした場面