風林火山関連ニュース
 
 

高島城祭で初の「騎馬行列」 観光客ら感激

2007/5/28 信濃毎日新聞掲載

07052805.jpg

 諏訪市の高島城で27日開いた「第38回高島城祭」で、諏訪大社上社御柱祭で里曳(び)きを先導する奉納騎馬行列が登場した。厳かに進む約30メートルの行列を、詰め掛けた観光客らが見守った。
 NHK大河ドラマ「風林火山」にゆかりの高島城を訪れる観光客にも喜んでもらおう-と実行委員会が企画した。同市中洲神宮寺の住民でつくる保存会によると、御柱祭以外の年に高島城祭で披露するのは初めてという。
 行列は、JR上諏訪駅西口の並木通りを出発して1時間ほどで高島城に到着。保存会の約50人が「ささーよーいやせー」といった独特の節回しでうたい、ゆっくりと体を上下させながら踊った。馬に乗る殿様は、公募で選ばれた久保寺宏武君(11)=諏訪市中洲下金子=が務めた。
 並木通りで見ていた諏訪市大手の宮下千治さん(75)は「厳粛で立派な行列。よくこれまで保存してきたと思う」と感激していた。
【写真説明】高島公園に入る諏訪市中洲神宮寺の保存会による「騎馬行列」=27日午前10時32分、諏訪市高島1