'07信州キャンペーン 「信州・風林火山」
風林火山 史跡ガイド
「信州・風林火山」 インフォメーション
風林火山 年表
信玄の 隠し湯ガイド
旅行情報
「信州・風林火山」史跡マップ
長野県市町村 「風林火山」リンク集
トップページに戻る

「風林火山」インフォメーション
笄の渡し(坂城町)

読みは「こうがいのわたし」。
坂城町と千曲市との境界に係る橋で、村上義清公の居城の葛尾城が陥落し、奥方が逃げ延びる際の話から名づけられたもの。

天文22年(1553年)4月、武田軍の調略にもはやこれまでと悟った村上義清は、越後の長尾景虎(後の上杉謙信)を頼って密かに落ちのびることを決意。しかし、周りを敵に囲まれた状況で、とても奥方を連れてはいけなかった。そこで仕方なく奥方は千曲川を挟んで対岸にある東国寺に逃げ込み、仏門に帰依して俗世との関わりを断ち、武田方に捕らわれることから逃れようと考えた。

義清の奥方は、数人の腰元と着のみ着のまま暗い山道をくだり、荒砥城を目指したが、一行の前には、雪解けの水を満々とした千曲川が広がっていた。

敗軍の将の奥方を逃がす手伝いをすると、後に咎められることになってしまうことを心配して、向こう岸に渡るための舟を出してくれる船頭はなかなかみつからなかったが、懸命に説得したところ、ひとりの船頭が、戦いの最中にもかかわらず舟を出してくれた。

我が身の危険をかえりみず、舟で渡してくれた船頭に、奥方は心を打たれ、お礼として髪にさしていた笄(※)を手渡したと言われている。

※こうがい=髪をかき上げるのに使った、箸[はし]に似た細長い道具。主に銀・象牙などで作られた。

2007/01/10
地図

2007年04月29日 16:29  by おじさん。

笄の渡しを渡って逃げ延びた義清の奥方は、東国寺まで逃げて来たそうです。
そこで振り返ると、葛尾城が燃えているのが見えて、涙を流したといいます。
そこの坂に付いた名前が「女涙坂(おなみざか)」です。
現在は橋が架かっていて、欄干に「女涙坂橋」の表記があります。

by近所のおじさん。


コメントを投稿する
いただいたコメントは、担当者が内容を確認・承認した後でページに反映されます。