'07信州キャンペーン 「信州・風林火山」
風林火山 史跡ガイド
「信州・風林火山」 インフォメーション
風林火山 年表
信玄の 隠し湯ガイド
旅行情報
「信州・風林火山」史跡マップ
長野県市町村 「風林火山」リンク集
トップページに戻る

「風林火山」インフォメーション
大島城跡・台城公園(松川町)

平安末期、船山城主片桐為行の第8子・大島八郎宗綱が分地し、大島郷を領した。その後、大島氏が代々この地を領し、大島城を始め北の城や沼の城を築いた。元亀2年(1570)武田信玄が飯田城代秋山信友に命じ、上洛の拠点とするため城を大修築した。天正10年(1582)織田信長が伊那に侵攻し飯田城を落としたため、武田勢は伊那の勢力を大島城に集結させたが、守将武田信康は大島城を捨てて甲斐に敗走したため落城した。

現在は都市計画公園として整備されて、4月下旬から5月中旬には、大小紅白紫のキリシマツツジが園内に5000本程咲きほこり、5月のゴールデンウィーク中には「台城つつじまつり」が盛大に行われます。


問い合わせ先
 松川町役場産業振興課内
 松川町観光協会 
 電 話  0265-36-7027

2007/01/31
地図

※地図上の赤い印は大島城跡を示しています。