'07信州キャンペーン 「信州・風林火山」
風林火山 史跡ガイド
「信州・風林火山」 インフォメーション
風林火山 年表
信玄の 隠し湯ガイド
旅行情報
「信州・風林火山」史跡マップ
長野県市町村 「風林火山」リンク集
トップページに戻る

「風林火山」インフォメーション
音無川(茅野市)

戦国時代のすぐれた武将で知られる甲斐の武田信玄が越後の上杉謙信との北信濃の川中島での決戦のため、何万という大軍を引き連れて、諏訪へ入り、八ヶ岳の麓の棒道を進んで、大門峠の下まで来た。

そこで信玄は、主な家来を集めて、作戦会議をした。ところが、作戦はなかなかまとまらなかった。そこはそばを流れている川の瀬音と滝の音がザアザアとうるさかった。そのせいで作戦がまとまらないと思った信玄は、川にむかって「うるさい、しずまれ」と雷のような大声でひと声どなりつけた。すると川の瀬音が、ピタッとやんで、作戦がまとまり、川中島へ進軍した。

信玄のひと声で川の瀬音がなくなったことから、この川を音無川とよびようになったという。今でも音無川には幾筋もの滝が流れ落ち美しい景観を残している。

2007/03/13
地図