'07信州キャンペーン 「信州・風林火山」
風林火山 史跡ガイド
「信州・風林火山」 インフォメーション
風林火山 年表
信玄の 隠し湯ガイド
旅行情報
「信州・風林火山」史跡マップ
長野県市町村 「風林火山」リンク集
トップページに戻る

「風林火山」インフォメーション
伊那路・木曽路エリア
長福寺・武田信玄公墓碑(木曽町)

天文二十四年(1555)甲斐の武田信玄は再度木曽を攻略しようと、自ら兵数百を率いて鳥居峠を越え薮原に出陣する。迎える木曽勢は地形険峻天然の要害を利して戦い持久戦となったが、同年八月、十八代義康は木曽の安全を計り和議を申し出る。

信玄はその和睦を大いに喜び、木曽家は源氏の正統高家であることもあり、息女万里姫を十九代義昌公のもとに嫁がせて親子の縁を結ぶ。

天正元年(1573)四月十二日、信玄は伊那駒場にて享年五十三才で病没する。

義昌は奥方万里姫と共に、父信玄を弔うため、墓所に遺品を埋め五輪の塔を建立して廟所とし、毎年旧七月十二日、二百把の明松を献して供養を行うこととした。

塔は一石五輪で七月十二日の文字が判読出来る。

2007/03/13
五郎山(伊那市)

天正十年三月高遠城主仁科五郎盛信(武田信玄の第五子)は三千人の城兵と共に、城を囲んだ織田勢五万人の大軍と激戦を繰り返し、ついに全員壮烈な戦死を遂げた。時に盛信二十六才であった。

戦いが終わって、織田軍が引き上げると勝間村の農民たちが信盛以下諸士の屍を探して持ち帰り、村の若宮原で火葬にし、この山に埋めた。墓のあるこの山は以来、五郎山と呼ばれるようになった。

五郎山にある盛信の墓は高遠城を見下ろす。全国的に名高い高遠城址の桜の花の色が赤いのは、この時散った彼等の血の色が映るのだろうと伝えられている。

2007/03/13
武田信虎の墓(伊那市)

信玄の父、武田信虎は嫡子信玄と家臣団に依って駿河に追放された後、諸国を遍歴し、永禄九年七十二歳の時、高遠城主武田勝頼の代に高遠に来た。天正二年三月五日、城主武田信綱の時、高遠城にて八十一歳の生涯を閉じ、遺骸は法幢院と甲斐の大泉寺に葬られた。墓は今、桂泉院の裏山にあり古い蘭塔である。

2007/03/13
福与城址(箕輪町)

諏訪氏一族、藤沢頼親の居城。天竜川の段丘を利用した堅固な城で、伊那谷攻略をめざす武田軍約二万人に対し、城主・藤原頼親は五十日間にわたり善戦しました。

2007/02/06
桂泉院[けいせんいん](伊那市)

高遠湖を望む高台にある。勝頼の異母弟仁科盛信(信玄の五男)は仁科家の名跡を継ぎ、高遠城主をつとめていました。天正十年織田信長による武田氏討伐で没しました。(享年二十六歳)同院には位牌が安置されています。

2007/02/06
福島城跡(木曽町)

木曽義康・義昌が本拠をおいた城。本城があった上之段地区は中山道の宿場風情が残っています。町を見下ろす福島城跡へは、自然遊歩道が通じています。

2007/02/06
大通寺・真理姫の供養塔(木曽町)

大通寺は慶長四(一六〇一)年、真理姫を妻に迎えた木曽義昌の重臣・山村良勝によって創建されました。

木曽家の屋敷跡に建てられており、境内には真理姫の供養塔がのこされています。

2007/02/06
高遠城(伊那市高遠町)

勘助曲輪の跡が残る武田ゆかりの城。
高遠は南北朝時代から諏訪氏の一族、高遠氏が支配していました。天文十四年、信玄が高遠頼継を攻略。山本勘助に命じて改築させたと言われ、伊那攻略の拠点としました。

永禄五(一五六二)年、十七歳で信玄と由布姫の子勝頼が城主となり、九年間この地を治めました。天正九(一五八一)年には信玄の五男の仁科盛信が城主となりましたが、天正十年織田軍に攻め滅ぼされます。

明治維新後、城跡にコヒガンザクラが植えられました。春になると千五百本の見事な桜が咲き誇り、南信州を代表する花見の名所となっています。

なお、優秀な人材を輩出した進徳館や中村不折、池上秀畝、江崎孝坪等の作品、高遠出身の画家原田政雄のコレクション668点を展示する信州高遠美術館も隣接しています。

2007/01/06
建福寺・由布姫の墓(伊那市高遠町)

臨済宗大宝山建福寺は永禄五年高遠城主となった武田勝頼、後の城主保科氏の菩提寺とされた。また、勝頼の生母「諏訪御料人」(由布姫)は勝頼が高遠城主となった時高遠に移りこの地で逝去、この寺に葬られている。

この寺には、江戸期高遠の石工を代表する守屋貞治、渋谷藤兵衛等による数多くの石仏がある。

2007/01/06
真理姫五輪の塔(木曽町)

真理姫は、木曽家十九代義昌の夫人である。夫人は甲斐の武田晴信(信玄)の三女で、勝頼の妹でもあるが、戦国の世に生まれ、数奇な一生を過ごし、この地で亡くなっている。

●弘治元年(1555)武田晴信は、木曽へ侵攻し木曽義康(十八代)は、利あらず降伏する。晴信はこれを許し、当時十六才の義昌に、幼少六才の三女真理姫をめとわせて、木曽氏を武田一門の親族衆に加えた。これ以来真理姫は木曽義昌夫人となる。

●天正元年(1573)晴信卒し、勝頼の代となる。

●天正三年(1575)勝頼は、長篠の戦いで織田・徳川の連合軍に大敗し、武田氏の勢力俄に衰える。

●天正十年(1582)一月、夫人真理姫は義昌離反を勝頼に内報する。勝頼大いに怒り木曽へ武将を派遣し攻めるも、義昌これを鳥居峠で破る。二月には勝頼自身出兵し、再び木曽。織田連合軍に敗れ去る。ついで甲斐を攻略され、部下将兵も離反し勝頼天目山で自刃し、武田氏ついに亡ぶ。

●天正十八年(1590)木曽は豊臣秀吉領となり、木曽氏は下総網戸へ、わずか一万石の領主として移封された。

●慶長元年(1596)義昌の長子義利(二十代)は、暗愚のため、木曽家は家康により没収、お取潰しとなる。

●夫人真理姫は、三男三女の母となっていたが、末子善通(義一)をつれ、三岳村野口の上村作右衛門に身をよせ、隠棲しながらも、木曽谷の士豪にはかり、木曽家再興を念願したが、時代の流れは大きく変わり、果たせなかった。

●正保四年(1647)7月7日真理姫は、九十八才の長い一生をこの地で終えたと伝えられている。

2007/01/06